腋臭症

今回は、腋臭症、いわゆる「わきが」についてご紹介します。

わきがの臭いは「アポクリン腺」という汗腺が原因です。人が持つ汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。前者のエクリン腺は、分泌物を汗として体外に排出します。暑い時や、運動時、また、就寝中など、人は日常的に汗をかきます。エクリン腺からの汗は、無色透明で成分のほとんどが水分なので無臭です。
たまに大量に汗をかいた時に不快な酸っぱい臭いにかわる事もありますが、腋臭症のように強い臭いが直接の原因にはなりません。その一方で、アポクリン腺からの分泌物は脂質、タンパク質、アンモニア等を含んでおり、皮膚の表面にある細菌などと混じり合うことで、わきが独特の臭いを発生させてしまいます。このアポクリン腺が多く発達している人が、いわゆるわきが体質といえるでしょう。アポクリン腺の数に比例して臭いも強くなるようです。また、アポクリン腺の量は遺伝によるものが大きいといわれています。アポクリン腺は生まれつき数が決まっていて、成長に伴い数が増える事はありません。子供の時から症状が出始める方は少数で、アポクリン腺の働きが活発になる第二次性徴期の思春期を境にして臭いが気になり始める方が多いようです。 遺伝的にアポクリン腺の数が少なくても、肉を中心とした食生活や過度な飲酒などで、症状を強くさせてしまう事があります。また、肉などを中心とした食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣が臭いを増幅させます。

日本人など元々体臭が少ない人種はアポクリン腺を全く持っていない人もいますが、欧米の人々は、ほとんどの人が持っているようです。汗は全身から出ますが、症状が出るのは脇の下など体の一部だけです。これは、エクリン腺は頭の先からつま先まで全身に分布していますが、アポクリン腺は体の決まった場所にしか分布していないためです。その最たる場所が脇の下で、その他にも耳の中等にも存在します。わきが体質の人の耳垢が湿っているのは、耳の中のアポクリン腺が発達しているからだといわれています。つまりこれらの個所以外から臭いがしても、腋臭症と診断されることはありません。たとえば、足の臭いが強くても足の裏にはアポクリン腺は存在しないので、わきが臭とは別物です。

日本人のわきが率はとても低く、人種的に体臭も少ないといわれています。それ故に、臭いに対して過敏になっていると言えます。たとえわきがであっても、本人が気にならないのであれば治療の必要はありません。しかし、臭いによって周りに迷惑をかけているのではないかと必要以上に気にする、あるいは人と接することに支障が出てしまうのであれば、皮膚科で一度診察を受ける事をお勧めします。

主な治療法ですが、外用薬を塗布する方法と手術療法の大きく二つに分けられます。主な外用薬は、アンモニアが含有された制汗剤です。

手術療法は、いくつか種類があります。代表的な治療法としては剪除法(せんじょほう、直視下摘除法とも言う)、ミラドライ、ボトックス注射の3つです。はじめの剪除法は、匂いの元となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を取り除く方法です。直接目で確認しながら汗腺を取り除くので確実に効果が得られ、再発の心配もありません。2つ目のミラドライでは、患部を切開することなく1度の治療で汗腺を破壊するので、高い効果を得られるといわれています。また、傷跡が残らないため施術後の審美性を損なうこともありません。3つ目のボトックス注射は、ボトックス・ボツリヌストキシンを患部に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑える方法です。効果は永続的ではありませんが、約半年~1年位の間は汗の量を抑えることが可能です。1回の治療時間は5分程なので日常生活にほとんど制限はありません。

以上の3つが代表的な手術療法です。効果には個人差があること、そして治療の大部分は自費診療になることをご理解下さい。

腋臭症の診断は、周りからの反応等である程度自己判断できます。ただ、臭いは目に見えにくく非常にデリケートな問題のため、なかなか人から指摘されにくいという点もあります。場合によっては、実際に気にするほど臭っていなくても、必要以上に悩んでしまっている可能性もあります。腋臭症でお悩みの方や、わきがを疑っている方は、あいおいクリニック皮膚科アトレ目黒で専門医による客観的な診断を受けることをお勧めします。 

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:   カテゴリ:未分類