カテゴリ: ニキビ

ざ瘡(にきび)2

ニキビが目立つところにできていたり、広範囲にできていたりする時、みなさんはどうしていますか?こんなところにできて、早く治らないかなと思うこともあるのではないでしょうか。目黒駅直結のあいおいクリニックでは、薬を使った尋常性ざ瘡の治療も、薬を使わない治療も行っています。今回は、薬を使う治療と使わない治療の違いや、使うお薬、行う処置などをお伝えします。

〇ニキビ薬を使った治療
ざ瘡の種類や症状によって、治療に用いられる薬も異なってきます。
〇抗生物質
代表的な薬:ミノマイシン(ミノサイクリン)
肌のトラブルで受診した際、多くの場合処方されるのが抗生物質です。外用薬、内用薬の2種類があります。症状や、ざ瘡の状態によって使い分けられます。
・外用薬
代表的な薬:アクアチムクリーム
外用薬として処方される抗生物質には、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌する作用があり、赤く腫れたざ瘡の炎症を抑える効果があります。ただし、炎症を抑えるだけでざ瘡そのものを治す効果はありません。また、炎症の起きていない初期ニキビに対しては抗生物質では治療ができません。
・内用薬
内服薬による治療は、広範囲の炎症を一気に抑えることができます。
ただし、炎症ニキビに対する対症療法であることは、外用薬と同じです。

〇外用レチノイド
代表的な薬:ディフェリンゲル
外用レチノイドは比較的新しい尋常性ざ瘡の治療薬で、日本のニキビ治療を変えた薬ともいわれています。
レチノイドは、ざ瘡の発生原因となる角質細胞ができるのを抑えてくれるお薬です。発生原因を抑えるので、塗り続けること予防も期待できます。初期ニキビの悪化防止、新しいニキビの発生防止に効果のあるレチノイドですが、炎症を止める効果はないので、腫れた赤ニキビに対しては十分な効果がありません。

〇ホルモン治療
代表的な薬:アルダクトン(スピロノラクトン)
大人ニキビの治療法として、ホルモン治療が注目を集めています。20代以降に生じる大人ニキビは、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの働きが活発になることが原因です。
男性ホルモンは肌の角化細胞を増やし、角質層を硬く収縮させるため、毛穴詰まりが起こりやすくなります。男性ホルモンの動きが活発になっている場合は、女性ホルモンが含まれているピルの服用や、女性ホルモンに類似した作用のある成分を投与することでホルモンバランスを整え、男性ホルモンの働きを抑えます。また、女性ホルモンが配合されている軟膏をニキビができている場所に塗るといった外用薬の治療もあります。ホルモン治療は大人ニキビの根本原因を取り除くことができます。抗生物質などの外用薬を塗る治療はあくまで対症療法であり、ざ瘡の原因そのものをなくすことはできません。
一般的な皮膚科ではホルモン治療を行っていないことが多いので、ホルモン治療を希望する場合は一度皮膚科で相談することをお勧めします。

外科的処置
・面ぽう圧出
面ぽう圧出というのは、ざ瘡の表面に小さな穴をあけ、そこから膿、皮脂といったざ瘡の原因を摘出する処置のことです。穴をあける際には針を使う場合とレーザーを使う場合があり、穴をあけた部位には面ぽう圧出器(アクネプッシャー)という治療器具を当てて摘出処置を行います。
炎症を起こしていない初期段階のざ瘡に対しての効果は高いですが、目立つざ瘡をすぐになくすための補助的な治療であり、そのものを治す治療ではないと理解しておきましょう。
また、自己判断でつぶすと高確率で跡が残ったり、悪化して膿が溜まったりします。自己判断せずに、必ず皮膚科等の医療機関を受診するようにしましょう。

いかがでしたか。目黒駅直結のあいおいクリニック皮フ科アトレ目黒では、患者さんひとりひとりの症状に合わせた最適の治療を行っています。にきびやざ瘡でお悩みの方、また目黒周辺で皮膚科をお探しの方は、ぜひ一度、当クリニックへご相談ください。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ざ瘡(にきび)1

思春期から大人まで、様々な人のお肌の悩みといえば、「ニキビ」ではないでしょうか。思春期になると急に肌にニキビができ、つらい思いをしたり、大人になって少し生活が乱れると目立つところにニキビができたり……。思わずつぶしてしまって跡が残った、という人も少なくないのではないでしょうか。今回は、そんなニキビの種類と治療法についてお伝えしていきます。

〇そもそもニキビはどうしてできるの?
ニキビは専門用語では尋常性ざ瘡といい、毛穴の入り口に皮脂が詰まることでできます。皮脂分泌が盛んになる理由としては、ホルモンの影響やストレスなどがあげられます。毛穴の奥にはアクネ菌という酸素が苦手な細菌が潜んでいて、毛穴の皮脂を栄養分にして生活をしています。適切に皮脂が流れ出ている間は問題がないのですが、皮脂が毛穴に詰まってしまうとアクネ菌が繁殖してしまい、毛穴の中で強い炎症を起こしてしまいます。特に、成長ホルモンが多く分泌される思春期にできやすいものを、思春期ニキビと呼ばれています。思春期ニキビは、一定の範囲内であれば誰にでも起こりうる症状ですが、炎症がひどい場合には治療をしなければなりません。また、皮脂の過剰分泌を抑えるなど、皮脂コントロールを行うことである程度の予防ができます。
対して大人ニキビは、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが多くなることで角栓が発生しやすくなり、毛穴が詰まってしまうことが原因です。角質層が乾燥すると角栓ができやすくなってしまうので、乾燥を防ぎながらホルモンバランスを整えることが大切です。

〇尋常性ざ瘡の種類と治療法
・白ニキビ
角栓によって毛穴がふさがり、内部に皮脂がたまり始めた状態のです。
痛みや腫れはありませんが、進行すると炎症を起こす可能性があります。皮膚科では詰まっている角栓を取り除く面皰圧出などの処置で除去することができます。しかし、連続して白ニキビができたり、広範囲にできたりする場合は、予防のためにホルモンバランスを整える治療をする必要があるかもしれませんので皮膚科医へご相談ください。

・黒ニキビ
毛穴の内部に多くの皮脂がたまり、毛穴表面に皮脂が飛び出ている状態です。皮脂は酸化すると黒くなる性質があるため、黒ニキビと呼ばれます。炎症は起きていないので、基本的には白ニキビと同じ治療を行います。

・赤ニキビ
毛穴の内部にたまった皮脂をえさにアクネ菌が増殖し、炎症が起こっている状態です。赤ニキビができると、腫れ、痛み、肌が赤くなるなどの症状が出始めます。また、炎症を起こしたニキビをつぶしてしまうと、ニキビ跡が残ることもあるのでつぶさないようにしましょう。目黒駅直結のあいおいクリニックではホルモン治療などの根本的な治療を視野に入れつつ、炎症の起きている部分に抗生物質、副腎皮質ホルモン剤などを塗り、炎症を抑える治療を行います。

・黄色ニキビ
アクネ菌による炎症が悪化し、膿を持っている状態です。この状態のニキビができた時は、皮膚科を受診するようにしましょう。つぶしてしまうと跡が残る可能性が非常に高いので、つぶさないように注意しながら、幹部を清潔にするようにし、早めに皮膚科を受診するようにしてください。

・紫ニキビ
強い炎症が慢性化し、毛穴の内部に血液、膿などが溜まっている状態です。自然治癒は望めないので、専門的な治療が必要です。ニキビ跡が残る可能性が高いですが、継続的に治療することで徐々に消えていくことも望めます。

〇尋常性ざ瘡に影響を与える原因
・ホルモン
ホルモンによるざ瘡への悪影響は古くから知られています。ホルモンの影響は非常に大きく、女性ホルモンや男性ホルモンだけでなく成長ホルモンによってもざ瘡が悪化します。ホルモンの影響で皮脂の分泌が変化し、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうとその皮脂を栄養にアクネ菌が増殖を始めます。生活リズムを一定にし、ホルモンバランスを整えることで状態は大幅に解決します。

・ストレス
ストレスも非常に重要なファクターです。
ストレスを軽減するとお肌の状態が大幅に改善します。ストレスによる疲れは肌の乾燥などの悪影響が出るので、お肌の抵抗力が落ちてしまいます。
うまくストレスコントロールを行うようにしましょう。

〇尋常性ざ瘡のお手入れ方法
ひとくちにざ瘡といっても、白くて小さいものから、赤紫に腫れるものまで様々な症状があります。自分のニキビの状態にあった治療法を実践しないと、きれいに治らず、が残ってしまうことにもつながってしまいます。ニキビの炎症を放っておくと毛穴の周囲の皮膚にダメージを残してしまい、将来のくすみやシミの原因となってしまいます。

先ほどまで見てきたように、ざ瘡は毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌という細菌が原因で起こる病気です。そのため、毛穴の状態をいかに綺麗に保つかがポイントです。

さらに、ニキビができてしまった時気をつけたいのは対処法です。ニキビがまだ初期の段階であまり炎症が起こっていない場合には適度に洗顔をして、清潔を保つようにしましょう。お肌にとって保湿は非常に大切な要素で、お肌が乾燥してしまうとそれだけでアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。もし炎症が悪化してしまい、赤く腫れてきた場合には潰したりせずそのまま清潔を保つように心がけてください。放っておくとやがて炎症が治まり、ニキビが目立たなくなります。

もしあまりにニキビがひどくなってしまった時には皮膚科の医師に相談することが必要です。皮膚科では様々な薬や治療法を駆使してお肌の状態を美しく健康的に保つことができます。

また日常の生活におけるお肌のコントロールが治療後のニキビの再発を防ぐことにつながります。皮膚科ではお肌のケアの方法を身につけることができるので、「たかがニキビ」と思わずに皮膚科の医師に相談をしてからお肌のケアを行いましょう。

あいおいクリニック皮膚科アトレ目黒では、医師によるスキンケアの指導をはじめとして適切な治療を提供しています。正しいお肌のケアを継続することで治療後もお肌の状態を美しく保つことができます。目黒近辺で皮膚科をお探しの方は、目黒駅直結のあいおいクリニック皮フ科アトレ目黒医院へ一度ご相談下さい。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ニキビができてしまったら気をつけること

ニキビができてしまった時気をつけたいのは対処法です。

ニキビがまだ初期の段階であまり炎症が起こっていない場合には適度に洗顔をして、清潔を保つようにしましょう。

お肌にとって保湿は非常に大切な要素で、お肌が乾燥してしまうとそれだけでアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。もし炎症が悪化してしまい、赤く腫れてきた場合には潰したりせずそのまま清潔を保つように心がけてください。放っておくとやがて炎症が治まり、ニキビが目立たなくなります。

もしあまりにニキビがひどくなってしまった時には皮膚科の医師に相談することが必要です。皮膚科では様々な薬や治療法を駆使してお肌の状態を美しく健康的に保つことができます。

また日常の生活におけるお肌のコントロールが治療後のニキビの再発を防ぐことにつながります。皮膚科ではお肌のケアの方法を身につけることができるので、「たかがニキビ」と思わずに皮膚科の医師に相談をしてからお肌のケアを行いましょう。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ニキビが悪化する原因は?

ニキビは様々なことが原因で悪化します。
ニキビは毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌という細菌が原因で起こる病気で、毛穴の状態をいかに綺麗に保つかがポイントです。

ニキビに悪影響を与える原因を理解することが大切です。

・ホルモン
ホルモンによるニキビへの悪影響は古くから知られています。
ホルモンの影響は非常に大きく、女性ホルモンや男性ホルモンだけでなく成長ホルモンによってもニキビが悪化します。ホルモンの影響で皮脂の分泌が変化し、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうとその皮脂を栄養にアクネ菌が増殖を始めます。

生活リズムを一定にし、ホルモンバランスを整えることでニキビの状態は大幅に解決します。

・ストレス
ストレスも非常に重要なファクターです。
ストレスを軽減するとお肌の状態が大幅に改善します。ストレスによる疲れは肌の乾燥などの悪影響が出るので、お肌の抵抗力が落ちてしまいます。

うまくストレスコントロールを行うようにしましょう。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ニキビの仕組み

思春期を過ぎると増えてくるニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚科の病気の一つです。大したことない病気と軽視されがちなのですが、ケアを怠ってしまうとニキビの跡が残ってしまったり、シミやくすみの原因になるので注意が必要です。

ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂で、様々なホルモンの働きやストレスなどの影響で皮脂が増加することでやがて毛穴に皮脂が詰まってしまうのです。毛穴の奥にはアクネ菌という酸素が苦手な細菌が潜んでいて、毛穴の皮脂を栄養分にして生活をしています。適切に皮脂が流れ出ている間は問題がないのですが、皮脂が毛穴に詰まってしまうとアクネ菌が繁殖してしまい、毛穴の中で強い炎症を起こしてしまいます。ニキビの炎症を放っておくと毛穴の周囲の皮膚にダメージを残してしまい、将来のくすみやシミの原因となってしまいます。

アトレ目黒駅皮膚科では医師によるケアの指導や適切な治療を提供しています。正しいお肌のケアを継続することで治療後もお肌の状態を美しく保つことができるので、一度ご相談下さい。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ