目黒駅直結の皮膚科

アトレ目黒2の2階に近日開院予定の「あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒」です。
常に医学的根拠に基づいた適切な診断と治療を心がけるとともに、最新の皮膚科学を学び続けて最適な皮膚科医療を提供することで、
目黒で末永く愛される皮膚科を目指します。

ドクター紹介

あいおいクリニック 皮フ科歯科アトレ目黒 で診療を担当する医師については、現在文章作成中です。

あいおいクリニック
皮フ科歯科アトレ目黒の特徴

1. 丁寧かつスピーディな皮膚科診察でお待たせしません。
2. 目黒駅直結で通院も便利です。

目黒駅で幅広い皮膚科の疾患に対応

あいおいクリニック
皮フ科アトレ目黒 へのアクセス

目黒駅皮膚科コラム

16.08.18 アトピー性皮膚炎の方の治療法

アトピー性皮膚炎の治療は様々な薬が用いられています。 1・ステロイド外用薬 ステロイドというのは非常に炎症を抑える力が強い薬で、皮膚に塗ることで肌の状態を改善してくれます。ステロイドの外用薬を長期にわたって使用していると皮膚が薄くなったり、皮膚の状態が変化する副作用が出てきます。必ず皮膚科の医師の指示に従ってお薬を使うようにしましょう。 2・抗ヒスタミン剤 痒みの原因にはヒスタミンという物質が関与しています。ヒスタミンが細胞に働きかける時にはヒスタミン受容体というタンパク質に結合…


16.08.18 アトピー性皮膚炎の方が気をつけたいセルフケア

アトピー性皮膚炎の方は毎日のお肌のケアに気をつける必要があります。 まず気をつけたいのが保湿です。肌のバリア機能の低下によって水分が失われやすくなっているので、お肌の中の水分を保つことで肌に加わる刺激に耐えられる肌を作る必要があります。 まず保湿の基本は水分を保持してくれる薬の使用です。お風呂上がりの肌に水分が行き渡った段階でお肌の中に水分を閉じ込めるように化粧水などを使います。尿素が配合されている塗り薬も保水作用があるので効果的です。 このほかに、肌の表面から水分の蒸発を防ぐ…


16.08.18 アトピー性皮膚炎とはどんな病気か?

アトピー性皮膚炎は乳児期から発症する慢性的に続く皮膚の炎症で、年齢の経過とともに症状が軽くなることが多いのですが、人によっては成人後も継続して症状が続くことがあります。 アトピー性皮膚炎の原因はアレルギーによるものや遺伝による影響などが複雑に絡み合って起こっていて、皮膚のバリア機能がなんらかの原因で低下してしまうことで起こると考えられています。 特に皮膚の細胞の周りに豊富に含まれているセラミドやスクワレンといった皮脂の構成成分の不足が大きな原因ではないかと言われています。これらの肌を…


16.08.18 ニキビができてしまったら気をつけること

ニキビができてしまった時気をつけたいのは対処法です。 ニキビがまだ初期の段階であまり炎症が起こっていない場合には適度に洗顔をして、清潔を保つようにしましょう。 お肌にとって保湿は非常に大切な要素で、お肌が乾燥してしまうとそれだけでアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。もし炎症が悪化してしまい、赤く腫れてきた場合には潰したりせずそのまま清潔を保つように心がけてください。放っておくとやがて炎症が治まり、ニキビが目立たなくなります。 もしあまりにニキビがひどくなってしまった時には皮…


16.08.18 ニキビが悪化する原因は?

ニキビは様々なことが原因で悪化します。 ニキビは毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌という細菌が原因で起こる病気で、毛穴の状態をいかに綺麗に保つかがポイントです。 ニキビに悪影響を与える原因を理解することが大切です。 ・ホルモン ホルモンによるニキビへの悪影響は古くから知られています。 ホルモンの影響は非常に大きく、女性ホルモンや男性ホルモンだけでなく成長ホルモンによってもニキビが悪化します。ホルモンの影響で皮脂の分泌が変化し、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうとその皮脂を栄養にアクネ菌が…


16.06.28 ニキビの仕組み

思春期を過ぎると増えてくるニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚科の病気の一つです。大したことない病気と軽視されがちなのですが、ケアを怠ってしまうとニキビの跡が残ってしまったり、シミやくすみの原因になるので注意が必要です。 ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂で、様々なホルモンの働きやストレスなどの影響で皮脂が増加することでやがて毛穴に皮脂が詰まってしまうのです。毛穴の奥にはアクネ菌という酸素が苦手な細菌が潜んでいて、毛穴の皮脂を栄養分にして生活をしています。適切に皮脂が流れ出ている間は問題がないの…


 

あいおいクリニック 皮フ科歯科アトレ目黒

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 アトレ目黒2・2F
Tel : 03-6417-0506