コラム

ニキビができてしまったら気をつけること

ニキビができてしまった時気をつけたいのは対処法です。

ニキビがまだ初期の段階であまり炎症が起こっていない場合には適度に洗顔をして、清潔を保つようにしましょう。

お肌にとって保湿は非常に大切な要素で、お肌が乾燥してしまうとそれだけでアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。もし炎症が悪化してしまい、赤く腫れてきた場合には潰したりせずそのまま清潔を保つように心がけてください。放っておくとやがて炎症が治まり、ニキビが目立たなくなります。

もしあまりにニキビがひどくなってしまった時には皮膚科の医師に相談することが必要です。皮膚科では様々な薬や治療法を駆使してお肌の状態を美しく健康的に保つことができます。

また日常の生活におけるお肌のコントロールが治療後のニキビの再発を防ぐことにつながります。皮膚科ではお肌のケアの方法を身につけることができるので、「たかがニキビ」と思わずに皮膚科の医師に相談をしてからお肌のケアを行いましょう。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ニキビが悪化する原因は?

ニキビは様々なことが原因で悪化します。
ニキビは毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌という細菌が原因で起こる病気で、毛穴の状態をいかに綺麗に保つかがポイントです。

ニキビに悪影響を与える原因を理解することが大切です。

・ホルモン
ホルモンによるニキビへの悪影響は古くから知られています。
ホルモンの影響は非常に大きく、女性ホルモンや男性ホルモンだけでなく成長ホルモンによってもニキビが悪化します。ホルモンの影響で皮脂の分泌が変化し、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうとその皮脂を栄養にアクネ菌が増殖を始めます。

生活リズムを一定にし、ホルモンバランスを整えることでニキビの状態は大幅に解決します。

・ストレス
ストレスも非常に重要なファクターです。
ストレスを軽減するとお肌の状態が大幅に改善します。ストレスによる疲れは肌の乾燥などの悪影響が出るので、お肌の抵抗力が落ちてしまいます。

うまくストレスコントロールを行うようにしましょう。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ

ニキビの仕組み

思春期を過ぎると増えてくるニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚科の病気の一つです。大したことない病気と軽視されがちなのですが、ケアを怠ってしまうとニキビの跡が残ってしまったり、シミやくすみの原因になるので注意が必要です。

ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂で、様々なホルモンの働きやストレスなどの影響で皮脂が増加することでやがて毛穴に皮脂が詰まってしまうのです。毛穴の奥にはアクネ菌という酸素が苦手な細菌が潜んでいて、毛穴の皮脂を栄養分にして生活をしています。適切に皮脂が流れ出ている間は問題がないのですが、皮脂が毛穴に詰まってしまうとアクネ菌が繁殖してしまい、毛穴の中で強い炎症を起こしてしまいます。ニキビの炎症を放っておくと毛穴の周囲の皮膚にダメージを残してしまい、将来のくすみやシミの原因となってしまいます。

アトレ目黒駅皮膚科では医師によるケアの指導や適切な治療を提供しています。正しいお肌のケアを継続することで治療後もお肌の状態を美しく保つことができるので、一度ご相談下さい。

あいおいクリニック皮膚科 アトレ目黒駅

日付:  カテゴリ:ニキビ